考える女性

求人について

何のために求人を探すのか

私たちは毎日何気なく生活していますが、必要最低限の生活をするためにはどうしても「お金」が必要になります。
まず、私たちの生活拠点となる家を確保するためにも多額の費用がかかります。
新築住宅ではなく、中古住宅の購入だったとしても、その費用は莫大な金額になってしまいます。
手付金や購入諸費用、そして家を購入したあとでも住宅ローンの返済がつきまとってきます。
また、無事に家を購入できたとしても、今度は家具を揃えなければいけません。
最低限の生活をするだけであればそこまで家具を揃える必要がないかもしれませんが、より快適な暮らしを実現させるためにはさまざまな家具を揃えるべきでしょう。

なんとか生活拠点を確保したとしても、今度は生活をするためにも必ずお金は必要になります。
毎日の食事代はもちろん、生活をするための光熱費や水道代なども支払っていかなければいけません。
衣服も購入しておかなければ、外に出ることさえできなくなってしまいます。
もちろんこれらだけで快適な暮らしを実現できるわけではなく、その他にもさまざまな部分にお金はかかります。
生活に必要な費用だけではなく、日本国民としてどうしても必要になってくる出費というのも存在します。
また、みなさんの趣味・娯楽に必要な費用も集めなければ、有意義な生活とはいかないでしょう。
今さら言うまでもないことですが、このように私たちの生活には多大なお金が必要不可欠なのです。
そこで、満足いく生活をするためにも私たちは働いてお金を稼がなければいけないのです。

しかし、唐突に企業の本社へ行き、「働かせてください!」と言ってもいけません。
その企業が人員を求めていないということもありますし、そもそも段階を踏んでアプローチする必要があるのです。
正式に従業員として雇ってもらうためには、まず企業が募集している求人に応募し、面接や採用試験をクリアしなければいけません。
だからこそ、私たちは仕事を探すとなったとき、まず募集されている求人情報を確認する必要があるのです。
正式に従業員として雇ってもらうためには、まず企業が募集している求人に応募し、面接や採用試験をクリアしなければいけません。
だからこそ、私たちは仕事を探すとなったとき、まず募集されている求人情報を確認する必要があるのです。


高収入求人を探すには

今紹介した「キャバクラ」「メイド喫茶」「ガールズバー」などがどんな仕事かは後々説明していくとして、まずは高収入求人の探し方について説明していきましょう。
最初の方でも紹介したように、求人を探すときは求人情報サイトを利用する人がほとんどだと思います。
求人情報誌を利用する人ももちろんいますが、スマホでいつでも気軽にアクセスできる求人情報サイトの方がいつでも手軽に利用できますよ。 また、求人情報雑誌の場合、1週間に1度しか最新版が更新されません。
募集されている求人情報は絶えず変動するものですので、真剣に求人探しをしている方であれば、毎日でもチェックしたいのではないでしょうか。
求人情報サイトでの求人探しであれば、求人情報に変化があるたびにすぐ最新情報を更新してくれるため、常にタイムリーな情報をチェックすることができますよ。
では、高収入を稼げるアルバイト求人を探そうと思い、求人情報サイトにアクセスしたとしましょう。
実はここでも注意しなければいけないことがあります。
みなさんがふだん利用している求人情報サイトでは、残念ながら高収入求人に関する情報は掲載されていないのです。
これは求人情報サイトに限った話ではなく、求人情報誌を見ても同じことが言えます。
高収入求人の例として最初に挙げた風俗ですが、仕事内容が内容なだけあり、通常の求人情報と一緒に掲載することができません。
求人情報サイトを見ている側の私たちとしても、飲食店やアパレルショップの求人情報と一緒に風俗求人が掲載されているのはイヤですよね。
高収入求人の募集は、基本的にウェブサイト上の求人情報サイトで調べることになります。
ふだんよく見ている求人情報サイトとは別に、高収入求人のみを集めた情報サイトがありますので、そちらにアクセスしてみましょう。

高収入求人限定の求人情報サイト

高収入求人を探す場合、高収入求人に関する情報だけを掲載している求人情報サイトを利用しましょう。
ただし、アルバイトで高収入を稼ぎたい場合は、その中でも特にアルバイト募集のみを掲載している求人情報サイトがいいでしょう。
ただ単純に「高収入 求人」などで検索をかけてしまうと、正社員として高収入を稼げる求人情報も含まれてしまいます。
正社員はアルバイトも収入が良く、特に専門的な分野の業種・職種の場合は高収入になりやすいです。
しかし、みなさんがアルバイト募集を探しているのであれば、正社員募集に関する情報は不要です。
もちろんここでも高収入アルバイトを探すこともできますが、正社員募集と混ざって掲載されているため、求人探しをする際に余計な情報まで入ってきてしまいます。
スムーズかつ確実にアルバイト情報だけを探すためにも、高収入アルバイト情報の掲載に限定した高収入求人情報サイトを利用しましょう。
さて、高収入求人情報サイトを開いたら、さまざまな項目があると思います。
何度もアルバイト探しをしている人なら求人情報サイトを使い慣れているかもしれませんが、これから初めてのアルバイト探しをするという人の場合は不慣れな可能性が高いです。
また、重要な情報を見逃してしまう危険もあるため、どんな内容の情報が記載されているのかを順に見ていきましょう。
まず、高収入求人情報サイトにおいて、一番のメインとなる情報が「求人情報」です。
求人情報サイトには日本全国で募集されている数多い求人情報が掲載されています。
しかし、いきなり膨大な数の求人情報を最初からひとつずつ見ていくわけではありません。
条件別による検索をかけることができるため、みなさんの目的や理想に合った求人情報だけを絞り込んで探し出すことができるのです。


しかし、求人情報サイトに掲載されている情報はそれだけではなく、みなさんの求人探しをスムーズに進めるために役立つ情報も数多く掲載されているのです。
例えば、「失敗しない高収入求人探しをするためには」などと書かれた記事がサイト内に掲載されていることがあります。
他にも「好印象間違いなし!面接時に気をつけておきたいポイント」「○○ってどんな仕事?○○業界に密着!」「○○業界に向いている人ってどんな人?」なんて記事もあります。
求人情報サイトによってどんな記事を掲載しているかはそれぞれ異なりますが、こうした記事にも目を通しておくべきでしょう。
求人探しや面接をするうえで意識しておきたいポイントや、各業界の仕事内容・特徴などを知ることができます。
こうした記事の内容は、初めて求人探しをする人にとっては有益なアドバイスになりますし、今までに求人探しをしたことがある人にとっても見逃していた点に気づける良いきっかけになります。
知っておいて損する情報は一切書かれていないため、求人探しの合間にでも気になる記事はどんどん読んでおきましょう。
記事の内容は本当にさまざまで、他にも求人探し時の悩みに関する内容のモノもあれば、高収入求人の収入額に関する記事高収入求人を過去に探したことのある人たちの体験談などもありますよ。
あとは求人情報サイトのサイトマップであったり、高収入求人情報サイトでよく出てくる専門用語集であったり、利用規約なども情報として掲載されています。 利用にあたって不明な点や不便な点などを相談できる問い合わせフォームなどもありますが、基本的に求人探しをするときは先に紹介した「求人情報」と「高収入求人に関する記事」の2種類を利用することになるでしょう。


実際に求人情報サイトで求人を探してみよう


では、求人情報サイトにどんな情報が掲載されているかわかったところで、実際にどう利用していけばいいのかを確認していきましょう。
みなさんが考えなければいけないことは、「求人探しをするにあたって何を重視するか」です。
先ほども言ったように、求人情報サイトでは条件による求人検索をかけることができます。
業種・職種から探すのか、働くエリアから探すのか、はたまた独自のこだわりから探すのか。
みなさんがどこを重視してアルバイトを探すかによって検索方法は変わってくるのです。
まず、業種・職種から求人探しをする場合ですが、ココを最重要視している人は多いのではないでしょうか。
アルバイトを最初から数週間もしくは数ヶ月でやめるつもりで探す人ってそういないですよね。
始めるからには年単位で働き続けたいと思っている人が多いと思います。
しかし、自分自身に合っていない職種・業種のアルバイトを始めたとしても長続きする可能性は薄いです。
「所詮アルバイトだし…。」と考えている人も多く、そういった人ほど合わない仕事はすぐ辞めてしまいます。
もちろん実際に働いてみて合わないと感じることもあるでしょうし、職場環境が良くないからと辞めることもあると思います。
ですが、そうすぐにアルバイトを辞めて職場を転々としていては、いくら高収入アルバイトといっても安定して収入を稼ぐことはできないでしょう。
どんなアルバイトでも最初のうちは不慣れなものですし、思ったように稼げないことがほとんどです。
そのうえ、研修期間を設けていることがほとんどで、その間は給与が低くなりがち。
安定して高収入を稼ぐためには、何ヶ月、何年と働き、仕事に慣れていくしかないのです。
「長く働き続けるためにも、無理なく働ける職種・業種を選びたい」という場合に利用してみてください。
ただし、職種・業種から求人探しをする場合、各仕事内容をしっかり把握しておく必要があります。
そのためにも、先ほど紹介した記事を参考にしたり、他のウェブサイト上で情報収集をしながら各業界への理解を深めておきましょう。
次に働くエリアから求人情報を探す場合です。
アルバイトをするうえではここも重要になります。
正社員として仕事に就く場合は上京するなど、他の地域で就活をすることもあるでしょう。
しかし、アルバイトであれば、基本的に長くても数年しか働かないことがほとんどです。
正社員となるまでのつなぎとしてアルバイトを始める人も多いため、その場合はなおさらです。
となれば、やっぱりみなさんが住んでいる地域で働けるアルバイトを探したいですよね。
通勤にかかる負担というのは意外と仕事のモチベーションにも関係するもので、片道何時間とかかる通勤や、何度も交通機関を乗り換えなければいけない通勤となると、仕事に行くのもイヤに感じてしまうことが多いのです。
また、「○○で働いていることを家族や友人に知られたくない…。」と思っている人であれば、自身が住んでいる地域からちょっと離れた場所でのアルバイトを探すことになるでしょう。
高収入求人にはあまり関係ないかもしれませんが、最低賃金の違いなど地域差による優劣もあるため、どこで働くのかも軽視できない点になります。

最後にこだわりから求人情報を探す場合です。
職種・業種の違いやエリアが重要だというのは多くの人の共通見解だと思います。
しかし、その他の細かいこだわりは人によって違います。
例えば、「残業はしたくないから定時にきっちりあがれるアルバイトがしたい」と思っている人もいるでしょうし、「交通費は支給してもらわないと困る」と考えている人もいるでしょう。
他にも食事の補助があるかどうかや、車・バイクでの通勤が可能かどうか、未経験でも働けるかどうかなど、人それぞれアルバイトに求める条件は違います。
こうした細かい条件での検索もできるようになっているため、みなさんの理想に近い求人情報を探すことも容易です。
こうしたこだわり検索での条件はどんどん細分化されており、ほとんどの人が求める条件に対応できるようになっています。
また、条件を複数選択できる求人情報サイトもあるため、その場合はより細かい条件で求人を絞り込むことができるでしょう。
職種・業種による検索、働くエリアによる検索、こだわりからの検索を紹介しましたが、これらを組み合わせて検索をかけることも可能です。
「キャバクラ 大阪 グループ店」などでの検索もできますので、みなさんが求める条件を組み合わせて理想に近い高収入求人を探してみてください。
条件別での検索をしたとしても、それによって検索結果が1件となることは稀です。
よっぽど多くの条件を複合させて検索すれば別ですが、おそらく少なく見ても何十件と検索結果は出てくるでしょう。
その中からどこの店舗を選ぶかですが、これに関しては実際に各店舗のホームページを見ていきましょう。
求人情報サイトに掲載されている求人情報には、各店舗のホームページURLも一緒に掲載されています。
どんなサービスを提供しているのか、細かい求人募集の条件がどうなっているのかなどはすべて店舗のホームページ内に記載されているのです。
高収入求人情報サイトを利用して理想に近い求人情報を絞り込み、直接ホームページを見て詳細を確認しながら応募先を決める、というのが求人探しの流れになります。
また、求人情報サイトによっては会員限定のお得なキャンペーンをしていることもあります。
個人情報やどんな求人を探しているかなどを入力しておくことで、みなさんが求人探しをしなくても店舗側から勧誘が来るスカウトメール。
新しい求人情報が更新されたとき、みなさんが定期的にチェックしなくても更新通知が送られてくる。
一般利用者は閲覧できないようなお得情報の公開。
当サイトを利用して無事アルバイト先が決まった場合に祝い金の贈呈など、会員だからこそ利用できる便利なサービスが充実しています。
会員登録は無料で手軽におこなえるため、利用している求人情報サイトが会員登録できるものであれば積極的に活用していきましょう
会員登録ができるかどうかや、それによってお得なサービスを受けることができるかどうかで利用する求人情報サイトを選ぶというのもオススメです。まった場合に祝い金の贈呈など、会員だからこそ利用できる便利なサービスが充実しています。
会員登録は無料で手軽におこなえるため、利用している求人情報サイトが会員登録できるものであれば積極的に活用していきましょう。

面接で気をつけておきたいポイント


求人情報サイトを使って気になる求人情報を見つけることができれば、積極的に応募していきましょう。
求人応募をする場合は店舗に直接電話をして面接のアポを取る、というのが一般的でした。
しかし、最近では各店舗のホームページ上に応募フォームが用意されており、必要事項を記入して送信するだけで簡単に応募の受け付けを済ませることも多いです。
メールや電話で店舗から面接の詳細が知らされますので、必要なモノや日時、場所をしっかり確認しておき、万全な状態で面接に臨みましょう。
面接は仕事を探すうえで避けては通れない道です。
やはり店舗側もどんな人間かわからない人を簡単に採用するわけにはいきません。
事業の一端を任せることになりますし、その報酬として給料を与えなければいけません。
そのため、面接によって慎重に人材を選別するのです。
この面接をクリアしなければ、みなさんがどれだけアルバイトを希望していても、その望みは叶わないまま終わってしまうのです。
そこで、面接を通過するためにも、気をつけておきたいポイントはしっかりおさえておきましょう。
まず良いスタートを切るためにも、履歴書の用意や身だしなみ、日時や場所の確認は家を出る前から必ず再確認しておきましょう。
面接に必要となるモノを忘れては話になりませんし、身だしなみが不十分だと面接官からの印象はマイナススタートになりかねません。
また、店舗側も忙しい合間での面接ですし、そもそも人として遅刻も許されないでしょう。
どうしても遅れてしまう場合は、それがわかった段階ですぐその旨を連絡するようにしましょう。
ただ、不測の事態にも対応できるよう、早めに家を出ておくというのもひとつのマナーですので、間に合うからといってギリギリで行動するのはあまりオススメしません。
面接会場に着いたら、ここからはいかにあなた自身を良くアピールできるかが重要になってきます。
話し方や立ち振舞い、面接に臨む姿勢など、面接官は細かい部分までチェックしています。
どれだけ内面が優れていても、人は外見で判断せざるをえません。
もちろん時間をかけて関係を深めていけばその人の人柄や性格もわかってきますが、アルバイトの面接はその場限りの一発勝負。
外見や言動でコケてしまうと、面接官に悪い印象を与えてしまい、そのまま不採用ということだってありえるのです。
そして、面接をするからには当然質疑応答が待っています。
無事外見や立ち振舞いをクリアしたとしても、この質疑応答でみなさんの熱意が伝わらなければ、これまた不採用となってしまう可能性があります。
アルバイトの面接でもそれは同じですので、あらかじめどんな質問をされるのかを考えておくことをオススメします。
就活での面接ならまだしも、アルバイトの面接となれば面接官からの質問内容はだいたい決まっています。
「なぜ弊社を選んだのか」「週に何日出勤できるのか」「この仕事で何をしたいのか」「自身のアピールポイントや過去の体験などです。
こうした質問がくることをあらかじめ想定しておき、どう答えるのかをしっかりイメージしておきましょう。 そうしておけば、仮に面接で緊張してうまく話せなかったとしても大体の内容を伝えることができます。
面接官は数多くの応募者を見てきていますので、緊張しているから言葉に詰まっているのか、まったく何も考えずに来ているのかをすぐ見抜きます。
たとえ緊張して頭が真っ白になったとしても、想いを伝えたいという前向きな姿勢は必ず面接官に伝わるはずですよ。
面接の合否に関してはその場で決まることもありますし、後日連絡が来ることもあります。
もし不採用だった場合は何がいけなかったのかを自分なりに見直し、次に活かすようにしましょう。
無事採用してもらえた場合は、期待を裏切らないよう、精一杯仕事に臨みましょう。
アルバイトの面接はまだ優しめになっていますが、就活でも面接は必ずおこなわれます。
アルバイトの面接だからといって手を抜くのではなく、今後の就活に備えた事前準備だと思って万全の状態で臨みましょう。


どんな店舗を選べばいいのか


高収入求人として募集されている求人の数は非常に多いです。
求人情報サイトを使っての求人探しについては先ほど説明しましたが、では、その中からどんな店舗を選べばいいのでしょうか。
各店舗のホームページを確認することで仕事内容や詳しい求人情報を確認できるということは説明しましたが、それだけでは判断しかねます。
求人情報サイトを使ってみなさんが理想とする店舗をいくつか候補に挙げたとしても、その中から快適に仕事ができる店舗を選ばなければいけないのです。
そこで、後悔しない店舗選びをするためのポイントを紹介しておきましょう。
人手を増やすために求人募集をおこなうのに、店舗の規模は関係ありません。
どんな店舗でもより円滑に、そして高品質なサービス提供をおこなうために従業員を雇うのです。
そのため、高収入求人情報サイトに求人情報サイトを掲載している店舗には、長年人気を獲得し続ける大手グループ店もあれば、ここ最近オープンした新店舗もあります。
新店舗のオープンスタッフを募集していることもよくあり、こういった求人は採用されやすい傾向にあります。
また、全員が1からのスタートとなるため、従業員の間に優劣はなく、気兼ねなく仕事をすることができるでしょう。
全員で一丸となって共に成長していくことができますし、従業員全員が同時にスタートするということは、みなさん頑張り次第ではすぐ幹部クラスにまで昇進できる可能性も大いにあるのです。 しかし、こうしたメリットがある反面、事業が成功するかどうか未知数だという不安要素もあることを忘れないようにしましょう。
もちろん新規オープンするにあたり、新たなサービスを考えてはいると思いますが、それが成功する保証はありません。
現在は昔ほど起業することが難しくなく、新しい企業や店舗がどんどん増えています。
ですが、その中で長続きする企業・店舗は一握りです。
思ったように利益を上げることができず、やむなく倒産してしまう店舗も多いでしょう。
せっかく良いアルバイト先を見つけたと思っても、そうなってしまっては意味がありません。
それに比べ、大手グループに所属している店舗ならそういった心配がありません。
何年、何十年と大勢の利用客から愛されているからこそ、安定して大きな利益を上げることができていますし、日本全国にチェーン店を展開しているのです。
優れたサービス提供によって安定した利益を上げることができているため、大手グループのチェーン店はより高収入を稼ぎやすくなっています。
また、人材教育や設備などに関しても徹底しているため、より良い環境で長く働くことができますよ。
大勢の利用客から愛されているのも大手グループの特徴で、仕事をしているといろいろなお客様と接する機会があります。
ふだんなかなか聞けないような話を聞いたり、いろいろなタイプの人とコミュニケーションを取る機会は増すはずです。
自身のスキルアップも同時に果たすことができるでしょう。
ただ、大手グループのチェーン店では、接客や応対がマニュアル化されていることが多く、覚えることはたくさんあります。
また、接客がマニュアル化されていることにより、ありきたりな対応しかできなくなってしまう「マニュアル人間」になってしまう可能性も。
そうならないよう、ただ言われた通りにするのではなく、自分なりに工夫しながらオンリーワンの接客術を身につけていきましょう。
店舗選びをするとき、その店舗が出している情報を参考にするのももちろんいいのですが、それだけですべてを知った気になるのは危険です。
各店舗が宣伝をするとき、まず自店舗の評判を貶めるような内容のことは書きませんよね。
「高収入を稼げます!ですが、その分、厳しいノルマがあります!」なんて求人情報に書かれていたら、誰も応募してきませんよね。
そのため、各店舗が発信している情報だけではわからない点もたくさんあるのです。
そこで、その店舗のことをより詳しく知るためにも、現在働いている従業員、もしくは過去に働いていた従業員の口コミや体験談を読むことも重要になってきます。
現在働いている従業員はその仕事環境に満足しているから今も続けているわけですので、マイナスなことは書いていないかもしれません。
ですが、過去に働いていたにも関わらず、辞めてしまったという従業員の場合、当然辞めるに至った理由があるわけです。
もちろん家庭の事情や仕事内容が自身に適していなかったからというケースもありますが、中には店舗に対する不平不満を書いているものもあります。
もしかするとみなさんからすれば大した問題には感じないかもしれませんが、求人情報だけではわからなかった情報を知ることができますよ。
また、従業員からの口コミ・体験談も重要ですが、利用客の口コミにも目を通しておきましょう。
「対応が悪かった」と書かれているのであれば、教育がしっかりおこなわれていない可能性があります。
「店内が汚い」と書かれているのであれば、快適に仕事ができない可能性があります。
このように、実際にその店舗を利用したお客様の意見というのも充分な参考資料になるのです。
求人情報に書かれている情報、そして従業員や利用客からの口コミ・体験談を見ることで、その店舗の仕事内容や様子の大体を知ることができます。
ですが、それでも「実際に働いてみたら思っていた仕事内容と違った」「こんな仕事があるなんて聞いてない」という不満が生まれる可能性はあります。
逆に、「こんな快適に働けるとは思っていなかった」というようなプラス評価が生まれることもあるでしょう。
このように、文面で確認した仕事内容やその印象と、実際に体験してみての仕事内容や感想にズレが生じるというのはよくあることです。
そこで、働き始めてから後悔しないよう、「体験入店」という制度を利用することも視野に入れておきましょう。
体験入店とは、面接をクリアして採用となってから本入店するまでの間に、1度実際に仕事を体験できる制度のことです。
すべての店舗が体験入店をしているとは限りませんが、高収入求人として求人募集を出している店舗の多くはおこなっている制度です。
体験入店をすることにより、実際に仕事内容を確認したうえで本入店するかどうかを決めることができます。
1日の仕事体験となっていることが多いため、その店舗での仕事すべてを把握することはできないかもしれませんが、ある程度のイメージは掴めるはずです。
例えば、風俗と並んで女性限定の高収入求人として昔から有名なキャバクラ。
お酒の提供と男性との会話を仕事内容としていますが、女性の中にはエッチなことをされるのではと不安に感じている人がいるかもしれません。
周囲にキャバクラで働いている友人がいれば仕事の内容や様子を伺うこともできますが、そうでない場合、実際にキャバクラでどんなサービスがおこなわれているのか、女性にはわかりにくいですよね。
しかし、体験入店をすることにより、その真偽を確かめることができるのです。
また、体験入店をすることにより、仕事内容を確認するだけではなく、店内の様子や利用客の層を確認することもできます。
内装や設備が充実しているかどうかでも働きやすさは左右されます。
店内が汚かったり、設備が不十分なことから仕事がしにくいとなると、働いていても嫌気が差してしまう可能性は充分考えられます。
女性でも気軽に利用できる店舗であれば、利用客として視察することもできますが、キャバクラのように男性向けの店舗だとそういうわけにもいきませんよね。
そんな謎のベールに包まれていた店内の様子を、体験入店によって明らかにすることができるのです。
そして、どんな客層が多いのかというのも重要なポイントのひとつ。
どの年齢層の利用客が多いのかによってもサービス内容や応対の仕方は変わってきます。
もし、強面な男性客ばかりが通っている店舗であれば、心の底から安心して働くことはできないでしょう。
逆に紳士的でイケメンな男性客の多い店舗であれば、それをモチベーションとして毎日仕事に励むこともできるのです。
先ほども言ったように、体験入店はすべての店舗がおこなっているわけではありません。
求人情報では待遇のひとつとして記載されていることが多いため、仕事内容にまだ不安があるという方は体験入店の有無を基準にしてみるのもいいかもしれませんね。
求人情報サイトに掲載されている求人情報は非常に数が多く、どれも同じに見えてしまうかもしれません。
しかし、ちょっとした違いによってみなさんの働きやすさは大きく左右されてしまいますので、今回紹介したポイントなどを意識しながら、慎重に応募先を厳選していきましょう。
求人情報の探し方や店舗選びの基準は一通りわかっていただけたかと思います。
あとは、みなさんが実際に自分に合った高収入求人を探していくだけです。
ここからは実際に高収入求人として募集されている仕事について紹介していきましょう。
先ほど簡単に紹介したキャバクラやメイド喫茶などは女性限定の高収入求人として、最近注目されている仕事になっています。
もちろん今回紹介する仕事が高収入求人のすべてではないですが、その一部としてぜひ参考にしてみてください。

キャバ求人

キャバクラはどこまで稼げる?今時のキャバクラ収入事情を紹介!

ではキャバクラの仕事をやったことがないという初心者のために、基本的な仕事内容について紹介していきたいと思います。
まずキャバクラの仕事というのは簡単にいうと「お酒を作ってお客さんと楽しく会話をする」ことです。
つまりまずあなたがキャバクラで仕事をする前に覚えなければいけないことは、お酒の作り方になります。
それではここで正しいお酒の作り方について紹介していきましょう。
お酒の作り方については大きくわけて2つあります。
ひとつは「水割り」そしてもうひとつが「ロック」です。
最初はお客さんがどのお酒を飲むのかを判別することから始めてください。
机にボトルが置いてあるからといってそのお酒をすべてのお客さんが飲むとはかぎりません。
だから必ず何を飲むのかを聞いてから行動に移しましょう。
では水割りの方から話していきたいと思います。
お客さんから飲むお酒を注文したあとは、お酒を注ぐ前にグラスを冷やしてください。
グラスは常温の状態でやってくるので、そこに氷を入れてマドラーと呼ばれる棒で何度かかき混ぜていく必要があります。
このときにできるだけ素早くかき混ぜることがポイントです。
そうするとスムーズに早くグラスが冷えてきます。
そしてグラスが冷えたあとは実際にお酒を注いでいきましょう。
お酒によって注ぎ方が変わるので、そこは必ず注意してください。
たとえば焼酎の場合は大体人差し指の第2関節辺りまでがおすすめです。
そしてウィスキーやブランデーといったお酒なら第1関節くらいがベストだといわれています。
ただしお客さんが使うグラスによっても微妙に違いはあるので、そこはご了承ください。
ちなみにお客さんによってはこの割合で作ることで「薄いんじゃないか?」と話す人がいます。
ただその場合はまた調節しなおせば問題ありません。
逆に最初から濃いめで作ってしまったら再調節するためにまた1から作り直さなければいけません。
もしくは一度そのお酒を飲み干してもらう必要が出てくるので、最初は薄めを意識しておくのが一番いいでしょう。
最後に水割りの場合は水を注いでいきます。
これも基本的にはお客さんが望む量で調節すればOKですが、大体グラスの8割くらいまで注ぐのがおすすめです。
ちょっと少ないかも?と思うくらいならあとから簡単に調節できます。
水を入れた後は再度マドラーを使ってかき混ぜていきましょう。
ただあまり早く混ぜようとしてしまうとガラスにマドラーが当たってうるさいので、素早くかつ丁寧に混ぜるように意識してください。
そして最後はコースターをお客さんの前に置き、そこに完成したお酒を置いてください。
このときにグラスに水滴がある場合は、ちゃんとナプキンなどで綺麗に拭ってからおきましょう。
次にロックでお酒を作る場合ですが、まずはボーイさんからロックグラスをもらってください。
そのあとはグラスの中に氷を3つくらい入れていきます。
このときも同じようにマドラーで混ぜていきましょう。
十分にグラスが冷えたらお酒を注いでいきます。
このときに大体3分の1程度注ぐのがポイントです。
あまりなみなみと注いでしまうと、氷が早く溶けてしまいお酒の味が変わってしまいます。
最後にまたマドラーでかき混ぜて、できあがりといった感じです。
以上がキャバクラにおける主なお酒の作り方となります。
キャバクラで実際に働き始める前に、ちゃんとこの作り方をマスターしておけばスムーズに仕事に馴染めると思います。

意外と落ちることがある!キャバクラの面接をうまく潜り抜けていこう!


キャバクラで仕事を始めるためには、もちろん最初に面接を受けることになります。
キャバクラは昔から全国各地にあるので、すでに受けたことある人もたくさんいるかもしれませんね。
そして実際にキャバクラの面接を受けたことある人の中に、まったく受からなかったという人もいると思います。
キャバクラというだけでなんとなく適当でも受かりそうだと勝手に思い込んでしまう人がたくさんいますが、実際には全然そんなことありません。
だから今回はキャバクラで面接を受けるときに、どうすればいいのか? というアドバイスを細かくしていきたいと思います。
まずどんな人がよくキャバクラで不採用になるのかを学んでおきましょう。
基本的に不採用となってしまう人には共通する特徴があります。
ひとつは「出勤日数が少ない」ということ。
面接の際には必ず出勤日数についての話をしてもらいます。
このときに多くの人は正直に自分の希望を伝えてしまったりします。
もちろん嘘をつく必要はありませんが、たとえば週に1回だけとか2回だけといった感じだと、さすがに面接官としても他の人を雇った方がお店のためになると思って不採用にしてしまいます。
どんな職場でも似たようなことがいえますが、キャバクラにおいてもやはり出勤日数というのはとても大事です。
どのキャバクラにしてもできることなら週に4回以上出勤してほしいと思っていますので、本当に採用されたいという気持ちがあるのなら、レギュラー勤務で出ることを目指してほしいと思います。
そしてもうひとつが「容姿が悪い」ということ。
これは厳密にいうとあなたの服装や髪型などの身だしなみになります。
キャバクラで働くということはもちろん接客業をすることになるので、身だしなみがきちんとできる人じゃなければまったく話になりません。
面接官はお客さんの前に出して恥ずかしくないと思えるような人を採用します。
だから間違ってもジャージ姿とか髪の毛がボサボサな状態で面接に行かないようにしてください。
実際にキャバクラの面接に行く際には、できるだけオシャレでかつ清潔感を感じるような見た目で行くようにしましょう。
あと髪型やメイクもきちんとすることを忘れないようにしてください。
基本的にはあなたがオシャレだと思う感じで仕上げれば問題ありません。
軽く髪の毛を巻けばキャバ嬢っぽく見せることもできるのでおすすめですよ。
もしどうしても自分ではうまくできない!という場合は「セットサロン」を使うようにしましょう。
セットサロンはあなたの代わりに、あなたの髪の毛やメイクをセットしてくれるという画期的なお店になります。
もちろんお金はかかりますが、自分でやる手間が省けてしかもプロのセットになるので、かなりレベルの高い見た目を実現することができるでしょう。
ちなみにセットサロンを使って髪型を作ってもらう場合、1500円くらいが相場になります。
これくらいの金額なら出せない人もいないと思いますので、気合いが入っていることをアピールするためにもぜひ試してほしいと思います。
そしてメイクについてですが、キャバ嬢というのは基本的に濃いメイクで働いています。
理由は、店内が薄暗いのであまりメイクが薄いとすっぴんっぽく見えてしまうからです。
だから実際にキャバクラで働いてるイメージができるように、面接の際には濃いめで挑戦することをおすすめします。
これであなたも高確率でキャバクラに採用されるようになるでしょう!

お客さんをあなたの虜にするためには、会話の質を上げること!

キャバクラでしっかりと稼いでいくためには、必ず「指名」をたくさん取れるようにならなければいけません。
指名が取れないと時給分の給料しか稼ぐことができないので、圧倒的な収入を実現するためには必ず指名数を増やし続けなければいけません。
では今回はキャバクラで指名をたくさん取るために、接客の際に使えるテクニックについて紹介していきたいと思います。
まず指名には主に「場内指名」「本指名」の2種類あります。
どちらを取れるようになっても必ずお金にはつながってくるので、徹底的に取りまくれるようになりましょう。
場内指名というのは簡単にいうと、お店に来たお客さんがその場で気になるキャストを指名することを指します。
つまり場内指名を取れるようになるには、見た目で魅力を伝えられるようにならなければいけません。
そして本指名というのは言い換えると事前予約になります。
こちらはお店に来るまでにお客さんが指名したい子を指してから来るパターンです。
つまり本指名の方が指名の質としては高くなります。
本指名をする人はすでにあなたが接客したことのあるファンになりますので、本指名を取れるようになってきたら一気に収入もアップするでしょう。
それではここで本題に戻って、テクニックに関する話をしたいと思います。
まずキャバクラはお客さんと他愛もない会話を楽しむお店です。
そのためあなたは主に会話の内容でお客さんをいかに楽しませることができるのかを考えていく必要があります。
ただそうなってしまうと、なんとなく難しそうに思うかもしれません。
最初に重要になってくるのは「お客さんがどんなタイプなのか?」という話です。
もちろんキャバクラに来るお客さんはいろんなタイプの人がいます。
あなたはお客さんのタイプ次第で、会話のスタンスを変えていかなければいけません。
基本的には主に「自分からガンガン喋るタイプ」「口数が少ないタイプ」の2通りとなってくるでしょう。
前者の場合はお客さんが自分から喋ってくれるので、あなたはほぼずっと聞き手に回ることができます。
むしろ相手がたくさん喋るタイプなのにも関わらず、自分から色々話をしてしまうと嫌な気分を味合わせてしまうでしょう。
特に注意しなければいけないのが「自分のしたい話をすること」です。
たとえばお客さんが喋っている内容に沿って話がつながってくる場合はまだいいですが、急に話の腰を折って全然違うことを話し始めてしまうのはよくありません。
たとえどんなに興味のない話題だったとしても、あなたは常に聞き手に回って話を聞くようにする必要があるでしょう。
もし会話の内容がよくわからず、あまりにも途中できついと思ったら「バックトラッキング」という方法を駆使してみてください。
これは人とのコミュニケーションにおいて非常に使えるテクニックとなります。
バックトラッキングというのは要するに「おうむ返し」です。
たとえばお客さんが仕事の話を熱心に話しているときはまったく内容を把握しにくいと思います。
たとえば 「うちの契約しているバイヤーがなかなかうるさくてさ、カメラを卸してくれてるんだけど売れるカメラと売れないカメラで同じくらいの買取り価格になってしまうんだよね。もちろんバイヤーさんの方も利益がないといけないから仕方がないんだけど。さすがに売れないものを高く買取りするのもしんどいよ。」
といった内容だった場合、あなたはどう答えますか?
「へぇ~それは大変だね」
とつい答えてしまうかもしれませんが、ここで話をできるだけ膨らませるためにはバックトラッキングを使っていくのがおすすめです。
その場合の解答方法としては 「売れないものを高く買取りするなんて大変だね、ということは売れても薄利になっちゃうの?」 といった感じになります。
つまり相手のいったことを一部抜粋して、そこに簡単な質問を付け加える。
これがバックトラッキングという方法になります。
この方法を使うことによるメリットは、とにかく「自分の話に興味を持ってもらって、熱心に聞いてくれている!」と思わせることができるということ。
どれだけ内容が難しい話だったとしても、相手のいうことをそのまま繰り返してから質問をつけることなんて簡単ですよね。
もちろん質問の内容はなんでも大丈夫です。
もし仮に相槌だけの返事で接客してしまったら、きっとお客さんは「自分の話つまらないのかな?」とか「この子全然話に興味なさそうだな」と思われてしまいます。
キャバクラでよく喋るお客さんを接客する際には、いかに気持ちよく喋ってもらえるのかが大事になるので、この方法は積極的に使ってもらいたいところです。
では逆にお客さんが全然自分から喋らないタイプだったらどうするべきなのか?
この場合はやはりあなたの方から積極的に喋っていくしかありません。
そういうタイプのお客さんはキャストから話しかけられることを待っている場合が多いです。
だからまずは質問をするところから始めていきましょう。
質問の内容は主に
「仕事はなにしてるんですか?」
「おいくつなんですか?」
「どの辺に住んでるんですか?」

といった簡単な内容で全然かまいません。
特に多くの男性は仕事の話に関するネタをたくさん持っているので、やはり仕事の話題に入っていくのが一番話の内容も広がりやすいといえるでしょう。
ぜひこれからの接客において参考にしてみてください。

ヘルプって何?ヘルプで絶対に気をつけるべきこととは


どのキャバクラで働くことになっても、必ず「ヘルプ」と呼ばれる形でお客さんの前に現れる必要があります。
ヘルプに関しては正しい知識をちゃんとつけておかないと、あとからめんどくさいトラブルにつながってしまう可能性があるでしょう。
だからここからはキャバクラにおけるヘルプとは何か? そしてヘルプで気をつけなければいけないことをあなたに紹介していきたいと思います。
まずヘルプとは何かというと、その名の通り助けに入ることをいいます。
主に指名同じキャストに被ってしまった際に、ヘルプという形で片方のお客さんの接客をすることになるわけです。
たったそれだけのことなんですが、実はかなり大事な「暗黙のルール」と呼ばれるものがあります。
というのも、ヘルプで接客をする場合は「すでに別のキャストのお客さん」になるので、あなたがそのお客さんを横取りしないようにしなければいけません。
ではどうすればいいかというと、まずはヘルプで入ったときはお客さんにあまりベタベタしないようにすること。
基本的にどんな男性も可愛い人からベタベタされてしまったら、ついメロメロになってしまいます。
「別の子を指名したけど、もうこの子でいいや」と思われてしまうかもしれません。
普通に考えたらいいことですが、もちろん指名をもとからもらっていたキャストからしたらとんでもないことですよね。
だからもし仮にお客さんの方からベタベタしてきそうだったら、あの子に怒られてしまいますよ!とでもいってあげてください。
そして当然ですが、ヘルプで接客するお客さんから電話番号を聞いたりは絶対にしないようにしましょう。
お客さんの中には普通に口説いてくる人もたくさんいるので、長くキャバクラで働いていると必ずそういう状況が訪れたりするでしょう。
そしてヘルプをしている最中は、お客さんが指名しているキャストの話は基本的に避けるようにしてください。
なぜかというと、キャバ嬢というのは大体お客さんにいろんな嘘をつくことが多いです。
もし指名されているキャストの話をしてしまうと、お客さんが知っている事実と異なる事実をあなたの口から喋ってしまう可能性があります。
そうなるとお客さんとしてはお気に入りのキャストに嘘をつかれていたということに気づいてしまいます。
もちろんそのあとは最悪の空気になってしまうでしょう。
ヘルプというのはあくまでも指名されているキャストのその場しのぎという形で入ることになるので、そのことをちゃんと意識した上で接客するようにしましょう。
普通の接客とは違って、常に一定の距離を保つことが大事です。

気づかずに嫌われることをしてるかも?あなたも気をつけておこう


高収入を目指してキャバクラで働いてみたはいいものの、思っている以上にうまくいかず指名もほとんど取れずにいる、という人もいます。
そういう人はどんなキャバクラにもいますので、もしあなたが今後キャバクラで指名が取れない状態になったら、一度今の自分を見つめなおしてみてほしいと思います。
ではここで指名がなかなか安定しないキャバ嬢の特徴についていくつかピックアップしていきましょう。
まずキャバクラでお客さんとある程度仲良くなったときに、「同伴」という形でお客さんとお店で会う前に外で会うことがあります。
そして同伴する際には大体一緒に二人きりでどこかご飯屋さんに立ち寄ることが多いでしょう。
その際、あなただったらどうしますか?
「やった~おいしいものいっぱい頼もう!」
と思うのであれば、それは非常に危険なサインです。
お客さんとしては自分の好きなキャバ嬢においしいものをご馳走してあげたいという気持ちがあったりしますが、そこでただ普通に甘えてしまうことはあまりよくありません。
特に人によっては、できるだけ安く済ませたいと思って安いメニューを頼むこともあります。
お客さんが財布を気にしているにも関わらず、堂々と食い意地を張ってしまうとさすがにイライラさせてしまう可能性が出てきます。
そうなれば次からはもうあなたのことを指名してくれないかもしれません。
また仮にお客さんが相当お金持ちだったとしても、そこである程度謙虚さを見せなければ 「この子は育ちが悪そうだな」と思われてしまう可能性があります。
そういう風になりたくないのであれば、同伴の際のご飯ではできるだけお客さんが食べるものとレベルを合わせるようにしましょう。
そして一番いいのは、あえてあなたがお客さんの分までおごってしまうということ。
お客さんとしてはいい意味で不意打ちになり、「この子は本当に謙虚でいい子だなぁ」という印象を与えることができます。
そうすれば後でお店に行った際に、気前よく高いボトルを入れてくれたりするでしょう。
常にお客さんに対していい印象を与えれば、指名も安定しやすくなります。
またお客さんと一緒に喋っているときに、お店の内部事情はあまり話さない方がおすすめです。
たとえば他のキャストの話を頻繁にしてしまったり、お店の経営状況について話してしまったりすると、大体ほとんどの人がマイナスなことを話し始めてしまいます。
特に誰かの愚痴をいってしまったり、ネガティブな発言をしてしまったりすると、あなたのイメージが急激に悪化していくでしょう。
実は心理学的にもすでに判明していることで、 「人間というのは悪口をいった対象ではなく、悪口をいった本人が一番嫌われやすい」 といわれています。
オハイオ州立大学のスコーロンスキー博士と呼ばれる人がいるのですが、 人の悪口をいってる男性の映像を被験者たちに見せて、その人たちがその男性についてどう思うのかを伺いました。
その際にほとんどの人は、その男性に対して「本当にこの男性は嫌な人だな」という回答をしました。
実際に悪口をいわれている対象よりも、いっている人の方が悪く見えたという結果になったのです。
まさに人を呪わば穴二つといった感じですよね。
だからお客さんとの会話で、つい愚痴をこぼしてしまうようなことだけは避けてください。
そしてキャバクラで働いていると、あるひとつのことに気づきます。
それは「お客さんにカラオケしてもらっているときがすごくラク」ということ。
気持ちよくカラオケで歌ってもらうことがよく出てくると思いますが、もちろんこのときには一切お客さんと会話をする必要ありません。
歌っている最中は常に手拍子をしたりするだけでいいので、こんなにも楽な時間は他にないでしょう。
しかしだからといってどんなお客さんに対してもカラオケを勧めることはけしてよくありません。
なぜなら、カラオケが好きじゃないお客さんも必ずいるからです。
そういう人に対して「歌声聴きたいな~!」といっても、嫌な気分を与えてしまうだけです。
だから基本的にはあなたから唐突に勧めるのではなく、お客さんがなんとなく歌いたそうにしているときに勧めるようにしてください。
もしカラオケにうまく持っていきたいなら、会話の内容に歌の話題を組み込んでみてもいいでしょう。

笑顔の女性

連絡先を聞いたあとが本番です!ここでもお客さんを虜にしていこう


お客さんと実際に仲良くなった際には、必ずといってもいいほどお客さんと連絡先を交換することになると思います。
そこまでいけば指名を取ったも同然ですが、ただ連絡先を聞くだけ聞いて終わるだけではいけません。
連絡先を交換したということは、あなたは常にお客さんに対して「営業をかける」ことができるようになります。
だから連絡先を知ることがゴールではなく、むしろそこからあなたにとって本当に重要な仕事となるわけです。
ではキャバクラでこれからお客さんの連絡先を手に入れたとき、どのように営業していけばいいのかをアドバイスしていきたいと思います。
まず鉄則としてひとつ覚えておいてほしいのが「連絡(メールやラインなどのメッセージ)をするタイミング」です。

たとえばお客さんが大学生だったら、そこまでタイミングも気にする必要はないでしょう。
特に大学生の場合は暇な時間が多いので、いつ連絡してもすぐに返事が返ってくると思います。

ただキャバクラでお客さんを持つ場合、ほとんどがサラリーマンなどしっかりとした大人になります。
そういう場合は日々仕事などで忙しいことが多いので、連絡するタイミングに注意しておかなければいけません。
たとえばどんな人もお昼休憩がありますので、事前に何時事に休憩しているのかを聞いておいてください。
その休憩時間に合わせていつも連絡するようにすれば、高確率で返事をしてもらうことができます。
特に昼休憩のときは仕事である程度疲れているので、そこですかさず優しい言葉をかけてあげればきっと喜んでくれると思います。
そして連絡先を交換するときに「相手が既婚かどうか」を必ず聞いておいてください。
お客さんが既婚の場合はもちろん奥さんがいることになるので、連絡してくるタイミングがシビアになりやすくなります。
特に家族と一緒に過ごしているときには連絡されると困るお客さんがたくさんいるので、連絡をしてもいい時間がいつ頃なのかを絶対にあらかじめ聞くようにしましょう。

もしタイミングが悪ければ奥さんに見つかってしまい、もうキャバクラへ通ってくれなくなってしまうかもしれません。

さらに覚えておいてほしい二つ目の鉄則は「とにかく会いたくさせること」です。

たとえばお客さんと秘密を共有したり、特別扱いをするのはすごく効果的だといえます。
そして文章を送る際には、必ず絵文字を使うようにしてください。
特に重要なのが「ハートマーク」です。
男は大体ハートマークつきの文章に対して弱いので、「この子俺のことが好きなのか?」といった思い込みをさせることができます。
文章の最後にハートマークがついているかどうかでかなり変わるので、絶対に使うようにしてください。

あとは相手に対して強い興味を持つことも意識してみてください。
「今日は何してるの?」「休みの日は何して過ごすのかな?」といった感じで、あなたのことを知りたいというアピールができれば大体の人は食いついてくれます。

そして最後に覚えておくといい鉄則が「お店においで~」といった言葉はいわないこと。
お客さんとメールやラインでコミュニケーションをとる際に、できることならストレートにお店まで来てくれという言葉をかけたいですよね。
しかしそれは絶対にやめてください。

なぜかというと、ストレートな言葉というのはどう見ても自己中心的な言葉だからです。
まさに営業臭がプンプンする言葉になるので、ストレートな表現はお客さんを遠ざけてしまうことにつながってしまいます。

今までどれだけ仲良くなっていたとしても、その言葉をひとことかけるだけで一気に冷めてしまうような人もいるので、絶対にいいたくなっても我慢してください。

あくまでも営業のコツは、とにかく「その気にさせて相手から行きたいといわせる」ことです。

そのことをよく理解した上で、お客さんとたくさんメールやラインでコミュニケーションしてほしいと思います。

源氏名を考えるときにはどうすればいい?


キャバクラで働く場合は、基本的に誰もが「源氏名」をつけることになります。
源氏名についてはお店側が勝手に決めることもあれば、いくつか案を出されてそこから選ぶこともあります。
またゼロから自分で源氏名を決めることができるパターンもあったりします。

では源氏名をもし自分でつけられる場合、どんな源氏名がいいのか?


今回はキャバクラで有効的な源氏名のつけ方について説明していきたいと思います。

まず源氏名というのはけしてなんでもいいというわけではありません。
もちろん好きにつけていい場合はあなたのセンスで適当に決めてもいいですが、その源氏名によってあなたのこれからの活動に大きく影響してきます。

とにかく意識してほしいのが「できるだけ特徴的な源氏名をつける」こと。
源氏名は誰かと被ってしまってはいけませんし、誰かの名前に類似しているものもダメです。
だから他の人にはないような特徴的な源氏名を考えてみてください。
ちなみに源氏名というとキャバクラの場合はよく2文字のひらがなが使われていますが、2文字だと他の人と名前で差をつけることが難しくなるので、少しひねって考えてみてほしいと思います。
ただしあまりにもインパクトが強い名前をつけてしまうと、自分の見た目やキャラに不釣り合いになる可能性があるので注意しなければいけません。

そしてもうひとつ意識してほしいのが「覚えやすい源氏名をつける」こと。
お客さんが名前を聞いたときに、スッと頭に入ってくるような名前がベストです。
いくら特徴的な名前がいいとはいえ、難しくて覚えにくそうなものにすると逆効果となってしまいます。
まずはお客さんにちゃんと覚えてもらわなければいけないので、そのことはちゃんと意識しておいてください。

あとは「地域に合った源氏名」を考えてみるのもおすすめです。
キャバクラによっては源氏名に苗字も使っている場合があります。
つまり苗字と名前の両方を考えて源氏名をつけることによって、個性が生まれやすくなるわけです。


ちなみに源氏名というものは、あなたの本名が誰かに知られないようにするためにつけます。

キャバクラというお店はいろんな男性のお客さんと絡むことになるので、運が悪い場合はお客さんからストーカーをされてしまうようなこともあるのです。
その際にあなたの個人情報がわかっているとすごく危険ですよね。
だから源氏名というものがキャバクラでは使われています。

あと、源氏名は一度つけたらあとで変更しないようにしてください。
すでにお客さんがついている場合は混乱を招くことになるので、一度決めたらそのキャバクラで働いている以上辞めるまでずっと使い続けることをおすすめします。

アフターをするときに必ず頭で意識しなければいけないこととは?


キャバクラの一部によっては、「アフター」と呼ばれる文化も存在します。
アフターというのは同伴と似たようなもので、お客さんと店外デートをすることを指します。

ただ同伴と違うところは、キャバクラの業務が終了してからお客さんに付き合うということです。

これから先長く指名をしてもらうためにも、アフターを日々頑張っている人がたくさんいます。

あなたもキャバクラで本気出して稼いでいくなら、積極的にアフターも頑張ってみてほしいところです。


しかし、アフターをする際にはいくつか注意点があります。
今回はアフターで気をつけるべきことを話していきましょう。

まずお客さんとアフターをする際には、絶対に時間を決めておいてください。
最初に時間を決めておけば無駄にずるずると長時間お客さんに付きそう必要がありません。

キャバクラで勤務しているときは必ず終わりの時間が決められていますが、アフターの場合はお店での仕事ではないので時間は決まってないのです。

しかもキャバクラの業務が終わる頃は大体夜の1時くらいになるので、そこから朝まで一緒にお客さんといなければいけない可能性も出てきてしまいます。

だからアフターの際には常に何かしら早く帰らなければいけない言い訳を考えておくのがおすすめです。

ちなみにアフターから帰るとき、多くの人はお客さんからタクシー代をもらうことがあると思います。

そのタクシー代でおつりが出た場合、次お客さんと会うときには「必ず返して」ください。
そうすることによって、どんなお客さんに対しても好印象を与えることができます。
つまりそれは次の指名につながりやすくなるのです。


そしてアフターをする際には、できるかぎりあなた自身が行くお店を決めてください。
お客さんによっては下心がある人もいるので、個室のあるところに連れて行かれて告白や性的なことをしてくる可能性もあります。

個室になってしまうと逃げだしづらくなりますし、周囲に誰もいませんので、安全を考えてあなたが行くお店を決定していきましょう。


さらにお客さんと一緒にアフターをするときも、互いにお酒を飲むことになると思います。
その場合は絶対にあなたが酔っぱらうことのないようにしてください。

酔っぱらうことによってあなたにどうしても隙ができてしまいます。
するとお客さんもどさくさにまぎれて抱いてきたり豹変したりするので、自分の身を危険にさらすことになるかもしれません。

常に自分自身を守れるように、意識してほどほどに飲むようにしてください。



最後に、アフターのときの移動手段としてお客さんの車には乗りこまないようにすること。
キャバクラを利用するお客さんにはお金持ちが多いので、車移動する人も多いです。
そのためアフターのときに車で移動しようとするお客さんもいます。

車に乗ってしまったらどこへ連れて行かれるかわかりませんし、走り出したらなかなか逃げ出せませんよね。

だから車移動の場合は基本的にタクシーを使うのがおすすめです。



アフターをしていくなら、とにかく今回話したことを常に意識した上で安全にするようにしましょう。

キャバクラで実際に働く前に、必ずクレジットカードは作っておこう!


キャバクラにかぎったことではありませんが、基本的に水商売で仕事をしている人はクレジットカードを持ってないことがかなり多いです。

人によっては銀行の口座すら作ってない人がいたりします。
確定申告だってしてない人も意外とたくさんいるでしょう。

そうなってしまうと、残念ながら社会的信用はまったくありません。

もしあなたが水商売以外で現在普通に働いている人であれば、今からクレジットカードは必ず作っておいた方が間違いなく今後役に立つと思います。


今回はその具体的な理由を話していきましょう。


まず基本的な話になってきますが、クレジットカードはあらゆる一面において「便利な存在」です。

今はネットが普及し、ネットから欲しいものをなんでも買えるような時代になりました。
そしてネット上で決済をする際にクレジットカードを使うことができるわけです。
他にも代金引換や振込でも購入することが可能ですが、クレジットカードの場合は決裁してからすぐに商品が発送されて、しかも銀行口座にお金があればそこから勝手に支払ってくれます。
ショッピングが好きな女性にとっては、特に重宝することがわかりますよね。

そして公共料金の支払いにおいてもクレジットカードはすごく便利です。
銀行口座からそのまま引き落としされる場合は、銀行印を使ったり支店名の記入だったり色々手間がかかってしまいます。
でもクレジットカードなら無駄な手間なんて何も必要ありません。

あとクレジットカードによっては保険がつくこともあります。
キャバクラで稼いだお金で頻繁に旅行へ行く人もいるでしょう。
そういう人がクレジットカードを持っていると、万が一何かトラブルがあってもクレジットカードによって補償が効くことがあります。

さらにクレジットカードを持っていると「信用」を得られるようになります。
消費者金融を使ったりローンを組んだりするときの審査材料として、クレジットカードの利用実績が参照されることがあります。

そのときにちゃんと支払いの滞りなどなく利用できていることがわかれば、それは信用につながるわけです。



ただしクレジットカードの利用状況がまったくの白紙だと、それは信用にはつながらないので勘違いしないようにしましょう。


ちなみにすでにキャバクラで働き始めている場合でも、審査に通りやすいクレジットカードというものが最近はあります。

だからもしキャバ嬢を今やっているのであれば、そういったクレジットカードをまずは検索してみてください。まだあきらめる必要はありません。

審査を受ける際には「キャッシング枠をあえてゼロに設定」することで、多少でも通りやすくなります。

限度額を低くしておけば、その分誰もがクレジットカードを作りやすくなるので、一度試してみてください。


プレゼントは純粋に受け取るだけじゃダメ!その理由とは?


キャバクラである程度働いていると、あなたを指名するお客さんからたまにプレゼントがもらえあることもあります。

プレゼントの中身は大体高級なものが多いので、これもキャバクラで働き続ける大きなメリットだといえるでしょう。

しかし、プレゼントをもらう際にはその受け取り方に十分注意していく必要があります。
今回はあなたがキャバクラでプレゼントをもらう際に、意識しておくべきことを紹介していきたいと思います。


まずお客さんがあなたに対してプレゼントをする心理には、「見返り」を求めていることがよくあります。

つまりいいものをプレゼントしたんだから、その分あなたに対して何かを期待するわけです。
たとえば外でデートしてほしいとか、挙句の果てには彼女になってほしいなど、いろんな下心がプレゼントには隠れている可能性があります。

だからまずあなたはプレゼントの「受け取り方」に注意を払っていかなければいけません。

そのときにまず注意してほしいのが「自ら欲しいものを色々要求しない」こと。
キャバクラで働いているとついお金持ちのお客さんに甘えたくなるときがあると思います。
そのときに高価なものをねだったりするような行為は非常に危険な行動です。
その願いを聞く代わりに「俺の願いも叶えてもらう」といった意味であなたにプレゼントをしてくるでしょう。
そうなれば今後そのお客さんと付き合っていくのが難しくなったりするので、安直におねだりはしないようにしてください。

そしてお客さんの方から進んで買ってくれるといってくれる場合でも、すぐに喜んで飛びつかないようにしましょう。
あくまでも謙虚な部分をお客さんに見せることが大事です。
「えー!こんなすごいもの簡単には受け取れません…!」
といった感じで、まずは断ることが大事です。
ここでお客さんが「気を使わないで受け取って」といってきたら、そのときに初めてプレゼントを受け取ってください。
この一連の流れをしておけば、安全に受け取れるようになります。

ただしいずれにしても、やはりなんらかの形でお返しはしてあげた方がいいでしょう。
そのときに最適なのが、あなたの「手作りお菓子」などです。
大抵の男性は自分が指名しているお気に入りのキャバ嬢からもらうものはなんでも喜んでくれます。
特に手作りのものだったら、いっそう喜んでくれるでしょう。

女子力もアピールできますし、あなたのことを間違いなくいい子だと思ってくれるはずです。
そうなればこの先も円滑にお客さんといい関係を築けるでしょう。


もしお客さんからお触りされてしまう場合、どうしたらいいの?


どんなキャバクラでも「お触りは必ず禁止」されています。
そのため安心してお客さんの隣に座ってコミュニケーションを取ることができるでしょう。

しかし、実際にキャバクラでお触りをするお客さんはどんなお店にも存在しています。
お店側にできるだけ目をつけられないようにどさくさにまぎれて触ろうとする厄介な人もいるので、あなたもキャバクラで働き始めたら触られてしまうかもしれません。

ではそんなお客さんと出会ってしまったらどうすればいいか?

今回はお触りをしてくるお客さんに対する対処方法について説明したいと思います。


まず一番シンプルな方法は、お客さんの手をあなたの方から触りにいくという方法です。
ただしこのときに注意しなければいけないことがあります。
それは、お客さんが触ろうとしているときにあなたが触ることです。
そうすることによりお客さんからしたら「触らせないようにするために手を押さえつけられてしまった」と思うようになります。
もちろんあなたに対する印象が悪くなってしまいますので、こちらから手を触りにいくタイミングはちゃんと考えなければいけません。
とにかく触ってこようとする前にこちらから手を封じていくことが大事です。
ただ意味もなく触りにいくのは露骨すぎるので、手相の話などでごまかしながら自然に触りにいける流れを作るようにしましょう。


そしてお客さんの隣に座る際には、お客さんの方向を向くような座り方がベストです。
そうすれば自然と体はお客さんから少し離れて、膝部分だけがお客さんの膝に近い位置に来ます。
つまりお客さんからしたらあなたの体に触りにくい状態になるので、非常におすすめな姿勢です。
しかも膝が近いというだけでお客さんは悪い気がしないので、一石二鳥です。



また実際に触れてしまうキャストは、そのキャスト自身にも原因があることが多いです。
つまりそういう雰囲気が表に出てしまっているので、自分で気づかなければいけません。

たとえば気が弱そうな人や、姿勢がよくない人などは隙を作ってしまいます。
だからできるだけきちっとした姿勢で、声もちゃんと張ってお客さんとキャバクラで接するようにしましょう。

あとそれでもお客さんがしつこく触ってくるようなタイプだったら、トイレに一旦逃げるとか黒服さんに助けを求めるなどすれば解決することができます。

触られているのに我慢をし続ける必要はないので、どうあがいても無理だった場合はこれが最終手段となります。

ちなみにキャバクラによっては、お金持ちで常連さんの人にお触りを許可している場合があります。
その場合はお店側からそのお客さんの接客をするときにかぎって「我慢してほしい」とあなたにいうことがあります。

そんなパターンがもし実際にあったら、さっさとそのお店は辞めてしまった方がいいでしょう。

キャバクラの求人を選ぶとき、新店に関する求人には注意しよう!


キャバクラで働きたいと思って、キャバクラの求人情報がいっぱい載っている夜系の求人サイトを開くことになりますよね。

そこにはたくさんのキャバクラに関する求人情報が載っています。
雇用条件や給与システムなど色々吟味した上で決定すると思いますが、そのときにひとつどうしても注意しなければいけないことがあります。

それは、キャバクラの求人の中には「新店」が出している求人もあるということ。
つまりオープンしたばかりのキャバクラや、近日オープンするキャバクラが存在します。

新しいキャバクラはなんとなく新鮮な気持ちになれますし、上下関係もあまりなく働けるので、つい目がいってしまいがちになるでしょう。

しかしそこには大きな落とし穴が存在します。


今回の話はあくまでも可能性の話にしかすぎませんが、このような可能性もあるということだけ頭に入れておいてください。


まず新店となるキャバクラは、はっきりいって「将来的に未知数」であることが挙げられます。

どういうことかというと、将来流行るかどうかわからないということです。
今時キャバクラなんてどこにでもありますし、しかもその数は地域によってかなりたくさん存在します。

つまり完全にレッドオーシャン(競争が激しい状態)なので、もしかしたら数か月後には閉店してしまうということも全然あります。

また新店は既存客がほとんどいない状態なので、運が悪ければお客さんがほとんど入らずに赤字経営をするような可能性もあります。

そうなるとせっかくキャバクラに入店しても、まったく稼げない状態が続いてしまうわけです。

せっかく勇気を出して頑張っていこうと決意しても、これでは意味ありませんよね。


そして新店となるキャバクラの場合は、最初に提示されていた「条件が途中で変更」されたりする可能性があります。

たとえばノルマがないといわれていたにも関わらず、いつのまにかノルマを課されてしまうといったこともあるわけです。

最初は働きやすそうだと思ってたのに、いきなりそんなことになってしまったら困りますよね。

給料システムだってお店の状況によって途中から頻繁に変更されるかもしれませんので、安定した高収入を稼げなくなるかもしれません。


だから安易に新店となるキャバクラの求人には応募しないようにするべきでしょう。
もちろん一概に新店がすべて悪いとは言い切れませんが、リスクを考えるとある程度有名なキャバクラの求人を見て応募するのが一番安全だと断言します。

給料が一部カットされる?一体どういうことなの?


実は一部のキャバクラにおいて、給料のカットに関するシステムを採用しているケースが存在します

主に田舎方面で営業しているキャバクラに多く、働く人にとってはもっともつらいシステムだといえるでしょう。

だから今後キャバクラの求人を選ぶ際には、給料カットに関する有無もちゃんと調べておかなければいけません。

では実際にどんな形で給料をカットしているのか見ていきましょう。



まず「待機カット」と呼ばれるシステムが存在します。
これは仕事をしていない時間はすべて給料が発生しないという内容です。

キャバクラの仕事というのは、指名がなかなか取れない人の場合、必然的に待機時間がどうしても長くなってしまいます。

そうなるとたとえ時給2500円~3000円だったとしても、結果的にほとんど手元にお金が入らないといった状況になります。

たとえば6時間勤務していたとして、そのうちの半時間は休憩だった場合、日給8000円~9000円くらいになってしまいます。
それだと一般的な普通のアルバイトとほとんど変わりませんよね。
これは相当悲惨な結果だといえます。

待機カットをおこなうキャバクラの場合はその日の給料の計算もなかなかできないので、常に不安定な毎日を過ごすことになってしまうでしょう。
間違いなくこれは最悪なシステムだと思います。


そしてもうひとつ「あがり待機」と呼ばれるシステムがあります。
これはお店が暇な状態だった場合に、強制的に休憩を入れられてしまうというものです。

そのタイミングで休憩が入ると、その間ずっと時給が発生しなくなります。
こちらのパターンも給料が日々安定しなくなるので、怖いシステムだといえるでしょう。


ただいずれにしても、これらの給料カットシステムは冒頭でもいったように「一部のキャバクラ」にしかありません。

念のために面接の際には必ず聞いておくようにしましょう。


ちなみに上記のシステム以外にも、キャバクラによってはペナルティやノルマなどで給料をカットされることもあったりします。

特にペナルティについてはどのキャバクラにも大体存在するので、給料が減らないようにペナルティには常に注意して働いてほしいと思います。

髪をかきあげる女性